ハオロン、望月こうせい 新ダンボール兄さんは即金商材と同じレベル。

室橋です。

本日紹介するのは株式会社モッティがナレーターを務める

段ボール兄さんというコンテンツ。

 

現在無料オファーが仕掛けられていますが私の見解を書いておきます。

完全自動化

確実なツール

利益の出る商品リスト

 

などと、もうあり得ないようなキーワードが散りばめられています。

情弱者を囲い込むような甘い言葉が何の理論も無しに説明されておりますね。

段ボール兄さん

該当ページのURL http://pl001.jpn.org/step/mov03d/

そして今回登場するハオロンさん。

 

過去に色々と登場して、一時期、アフィリエイトを辞め
せどりや転売で稼いでると一瞬だけ登場したものの
見事にどこかに消えたのは記憶に新しい話かと存じます。

 

そこで今回は、単なるせどりでは面白くないから

買取システムを導入したのが今回のハオロンと望月こうせいの

コンテンツみたいです。

尚、後でも話をしますが業界初でもなんでもありません。

 

呆れるというか何というか、もう、ここまでくると、

この業界も終わりですね。

せどりをやっている私から見ると、ふざけた話です。

image56

 

リセリングを超えて仕入れるだけと強調していますが

実際のところ、望月こうせいの会社への買取依頼の面倒な手続きと

利益の軽減を踏まえれば、本当に利益でるものなら

自分で売る方が確実にプラスだと、誰もが気付く筈です(笑)

 

送るだけの手順や審査も、まだリセリンクグをやる方が

確実に利益に繋がり、結果として儲ける事ができる事は言うまでもありません。

 

 

全てリサーチしたものを買い取っていれば望月の会社は

恐らく資金ショートで潰れる筈です。

だからこそ、買い取ると言っても高いハードルが確実にある筈です。

 

あまりにも浅はかなせどりの展開。

 

利益のでそうなコンテンツを望月こうせいが買い取ります……と。

 

売れる商品を実践者は見つけて望月こうせいに送るというものみたいですが
過去にインフォジャパンやインフォポイント、インフォスタイルの
情報商材でも 見た事がある内容です。

 

あなたは売れる商品を私の元に持ってきてください!と言うのは定番で

ネタ切れの最終手段と言いたいところですね。

 

ネタの提供者は、もしかするとそういう人間が背後に

居る可能性も限りなく0とは言い切れないかもしれませんね。

 

 

売れる商品であれば自分で売りますし、

せどりのネタ切れの肉付けに、せいぜいつけた程度のレベルだと

言っても過言では、無い筈です。

 

買取り基準も明確と言えず、おまけにツールで

利益の出る商品が分かるとか腐るほど今までに登場しているわけです。

 

つまりツールで売れる商品をリサーチして仕入れて

望月こうせいに送って買って貰いましょう、と言うノリでしょう。

 

でも気をつけて欲しい事が基準に満たないものは

買い取ってくれる筈がありません。

 

仕入れても、買取できない場合は全部自分のリスクですし

利益のでる商品が見つからなければ元も子もありません。

 

買取基準に満たないものは、誰も手をつけたくないので、

最後に泣くのは自分です。

 

この手の手法は、2年も前とか3年も前に

即金ASPでも、「あなたが売れる商品を仕入れて送ってくれるだけでお金になります」

という触れ込みで、そういった商材も幾つかあったのを見た事があります。

 

おまけに、過去は売れる商品データーだけでも

稼げるものがありましたから、今回の望月こうせいと

ハオロンの打ち出している、この買取保証は、目新しいどころか

ある意味、リスクの塊だと思って良いくらいです。

 

しかし動画も胡散臭い演技で、呆れてものも言えませんね。

 

おそらくまた高額コンテンツとして登場する事は、

ほぼ間違いないと思われますが、

現在見る限りでは、到底、1万円を超える価値は、どう考えてもあり得ないと思います。

 

今後の展開が楽しみです。

 

それでは室橋でした。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ