電脳せどり教材hobizon(ホビゾン)と転売やせどりが飽和し続けている問題

どうも室橋です。

 

ここ最近、せどり関係のサポートや
アドバイスに力を入れてブログの更新は
ほぼ、滞った状態でしたが合間を見て更新しようかなーと思います。

 

あちこちで色々な情報コンテンツが
発売されていますが、時に
「何故、明らかに無謀なものに投資して、
目の前にある簡単なビジネスをしないのか」
と不思議に思う事が多々あります。

とくにここ最近…。

さて本日紹介するのは、こちらのコンテンツです。

電脳せどり教材hobizon(ホビゾン)

せどり
兵庫県たつの市龍野町片山416-1エルプラザ105
前田敏秀
050-3645-2058

 

まあセールスページを見ても
「またか」という印象を強く受けますね。

 

これだからせどり教材は、どれも同じ…と
言われるのです。

 

基本はアマゾンの商品データーから
売れそうな商品を見つけて、
そして利益の出る価格で買えるものを
ヤフオクで探すという内容です。

 

すでにせどり教材はほぼ飽和気味です。
とくにこの手の、ありきたり感満載のものは
既にインフォトップでも数多く登場しています。

 

もうどれが良いとかよりも、どれでも良いという次元の話になりますね。

 

せどり教材を見る度に少し期待して開いて見ると…
「またこんな内容か」と
僕も過去から現在に至るまで結構見てきてます。

ヤフオクで仕入れる。
アマゾンで売る
中古を扱う店舗で仕入れてアマゾンで売る

もう、ありきたり過ぎて
完全に飽き飽きしますよね。

 

ハッキリ言いますが、せどりを取組む8割以上の人が
取り組んでる方法がベースだと、限界もあり時間も掛かります。

 

そもそも、全員が全員、仕入れの可能性が
WEB上で公開されている情報のみなのです。

 

ついこの間も、某せどりの販売者とお会いしてきたのですが
「ノウハウだしちゃったら僕まで稼げなくなりましたよ あはははは」

…みたいな事を言ってました。

 

ちょっと惹きましたけどね。

ただ、この手のものは本当に競合もライバルも”異常レベル”で多いんですよ。

 

ありきたりなノウハウであれば誰でも作れますし
誰でも実践できるわけです。

 

せどりはアフィリエイトよりも
非常にシンプルだし在庫や仕入れリスクは
避けられないし資金が必要な分、早い成果も期待できますし
安く買って高く売るだけなので敷居は低いです。

 

 

恐らく、リサーチ方法とかネット検索するだけでも
ある程度の情報を仕入れる事ができるし、おまけに
後は、利益の出そうな価格でヤフオクで仕入れる事を
視野に入れれば良い…ただそれだけの事で以前にも
紹介した、家電せどり for online(渡辺大輝) これも確か
ヤフオク仕入れが書かれていました。

 

今さら、この手のアマゾン販売、ヤフオク仕入れとなると
何も今さらお金を出してまで…といったところです。

これを考えると、この価格の価値はあるか?と言うと少し微妙感感じますね。

 

こちらは以前より公開している僕のノウハウがこちら

異例のせどりノウハウ 度胆を抜く仕入れ方法と販売思考が学べる極秘コンテンツ

このCDSについて、実は先日、問い合わせの中で、
他のせどり教材と室橋さんのせどり商材は
一体何が違うのか?と言う質問を頂きました。

 

まず明確に伝えておきますが
仕入れ方法が普通とは違うという事。

まさに略奪のように強引で合法です。

「人より安く仕入れる事」に重点を置き、
ネットサーフィンだけでは仕入れる事が困難な価格で仕入れる。

 

これは、とても大事な事です。
市場価格より安く売り、人が集まれば自然に売れる。

 

それがせどりの稼ぎ方。

 

他のありきたりな転売やせどり手法と
一度比較してみて下さい(笑
度胆抜かれる筈です。

 

しかし大半の人は、少し考えれば
分かるようなレベルの方法を高額で販売して
ライバルや競合を増殖させ、結果的にみんなで
稼ぎ難い環境を構築しているにしか過ぎません。

 

常に転売やせどりは、需要と供給のバランスが壊れると
稼げなくなるのです。

 

この辺の理解はしておいて貰いたいところです。

それでは室橋でした。

室橋の企画はこちら⇒普通以外の仕入れ方と思考

室橋のメールマガジンはこちら
せどり教材を現在配布中です。

無料ですからダウンロードして手にしておく事をお奨めします。

せどりメール講座


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ