送料ビジネス(転売やせどりで稼ぐスキマ的方法)

どうも室橋です。

いつも購読ありがとうございます。

今日は軽く、送料で稼ぐ方法というのを紹介します。

もちろん、大金が得られるというものでも御座いません。

 

気休め程度に読んで頂ければと思います。

 

送料ビジネス

送料ビジネス

実は、随分前に流行していて
今でも多少なりとも通じる方法ですが
短刀直入に伝えますと、
売り値とほぼ同額で出品して
必要となる送料部分で、利益を稼ぐという思考の方法です。

儲かるか儲からないかと言えば
それ相応に数を裁かないとお金には、なりません。

薄利多売の限度を超えたビジネスと言っても
過言ではないかと思います。

 

送料ビジネスの2つのポイント

 

まず、送料と言えば、ヤマトや佐川、郵便局などの
宅配業者を主体として使う事になりますが、
この場合でも送料は月間の配送数などでも割引がききます。

また集荷ではなく、持ち込みする事でも
送料は一部安くなる場合もあります。

しかし、1点1点足を運ぶだけでも移動費が掛かるので
発送日を決めておいて まとめて持っていくという事をすれば
場所によりますが利益にもっていく事も可能なはずです。

それほど大きなものとは、異なりますが
いずれにしても多少なりとも利益が得られます。

 

そしてもう一点のポイントは、商品説明。

単純に言えば、本来の送料よりも価格を上乗せするという事です。

例えば「一律表記を使う」という方法です。

よくある

「送料は一律○○円」というもの。

地域などに関係なく一律送料を設定する方法です。

商品説明に書いておく事でその送料も撤収する事もできます。

また、「送料込み」と表記して売り値を上げるなどの方法もあります。

 

これは、「どのように伝えておくか」で小銭程度ですが
送料だけでも差額を取る事ができるというわけです。

 

ここでのポイントは「価格の低い商品」を対象とする事で、
売れてからモールに支払う手数料を極限まで下げる為です。

商品そのものに利益が無くても送料で抜く事ができるというわけです。

中でも売れ筋の人気商品などの場合は、
商品の利益+送料の利益を抜く事が可能です。

 

転売やせどりというものは基本的に、
人対人のビジネスです。何をどのように伝えるか?それだけでも
十分にスキマを狙って小銭程度なら幾らでも報酬を稼ぐ事が可能です。

 

ちょうど昔に僕が取り組んだ方法の中で、
ほぼ0円で仕入れた物を1000円~3000円で
売る方法というものがありました。

 

また、これについては、どこまでいこうとも
平均1000円~2000円程度の利益で、
そこまで多くの商品点数がでずに月にせいぜい
頑張っても20点か40点という感じだったので
辞めたわけですが、スキマ的な転売は、本当に奥が深いです。

 

僕も、スキマ系のノウハウとか知るのは好きですが
ただ追及しても「大きな利益は生まない」ものが大半です。

なぜなら、大きな利益を生んでしまうと「スキマ」では
無くなるからです。自然と情報が拡散して、王道に変わってしまうからですね。

それでは、今日はこの辺で。室橋でした。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ