リアルタイムせどり2の微妙な感想(株式会社キュリアスコープ)とCDSの内容は全く違う。

どうも室橋です。

いつも購読ありがとうございます。

つい先日はCDS参加者の中から
ビックな報酬の報告があったりで…本当に日々色々な
声を頂ける事が嬉しい限りです。

 

そこで今回は面白い質問。

それも「キュリアスコープさんのリアルタイムせどり2と似ているかどうか」という
質問を頂きました。

このキュリュアスコープさんのリアルタイムせどり2は
僕自身も持っているし内容も実践した経緯がありますが
僕のCDSとは全く異なる内容です。

 

リアルタイムせどり2 株式会社 キュリアスコープ

リアルタイムせどり2の画像

販売者 株式会社キュリアスコープ

URL http://www.realtime-sedori.com/product/

 購入後にアップセル つまり塾などがあります。価格は148000円。

アップセル名 リアルタイムせどりプログラム第二期

URL http://www.realtime-sedori.com/product/backend/

 

尚、前回も少し書いたのはこちら⇒キュリアスコープアルティメットせどり

 

そして続いては、リアルタイムせどり2というものです。

 

販売ページを見ると、1商品毎の利益率も大きいのですが
実際のところ見る限りはレア物。プレミア商品というのが目につきます。

この手のものの仕入れ方法と言うのは

色々ありまして、実際にリアルタイムせどり2の内容と言うのは
WEB上よりプレミア商品や多くのユーザーが欲しがるような商品を
リサーチして仕入れるというものです。

一体どこから収集するかと言えば
この教材の名前と一致するヤフーの某検索サービス。

そしてこれに関連すると言えば「某SNS」が出てきます。

 

そうです。よくツールとかで登場するあそこですね。

あの辺からリサーチを行うというのが主となっているマニュアルです。

 

実践経緯 リアルタイムせどり2

確かに それらしき商品はリサーチが可能です。

例えば実際に検索してみると、

ローリング☆ガールズCD

アンソロドラマCD

ファフナーCD

などなど色々なジャンルでこのように品切れとか
在庫が無い商品とかも見る事ができるのですが

情報収集リサーチ

 

こういう情報に振り回されて
検索に検索を重ねるのですが、売れる価格で
仕入れるところまで進むのが困難に思えるのです。

 

おまけにこの手の発言に信憑性があるかどうかから検索していくので、かなり手間を喰うのです。

確かにそれ相応に商品枠は広がりますが
検索すると品切れどころか普通にあるし
アマゾン以外だと普通に売られているとか…

 

中にはお宝もあるんでしょうが、僕からすれば
こういう場所からの情報収集をして、それなりに大きく
稼げるのであれば良いですが、なかなかお目当ての利益の
大きい商品の仕入れに辿り着くには初心者は愚か、
ある程度のせどり経験のある人でも難しいのではないかと思います。

 

また、この手法を取組む人が居ればかなりの人が
錯乱行為をすると思うので この辺に関しても
長期的に使うメリットとしては薄いかなと思えるところです。

 

決して悪いノウハウではないと思いますが使って
稼げるかどうかと言うと、少なくとも、この手法一つで
どうにかなるとは思えない部分が感じられます。

 

そこで話の元となる、CDSとリアルタイムせどり2の内容に関してですが
全くというか完全無関係です。

 

もちろんリアルタイムせどり2の内容も、一般のせどりノウハウから
すると革新的な部分がありますが、CDSとは全然異なります。

 

むしろCDSは、レア物やプレミア商品に拘るのではありません。

時にはそういう商品で利益を出す事がありますが
こういったリサーチ方法などを使うわけでもありませんし
プレミアや在庫切れ商品なども、意識してません。

あえて言うなら「高く売れるかどうか」それだけです。

高く売れる物を安く仕入れるという拘った、仕入れ方法で
より早い在庫の回転率、長期在庫を持たないで早く現金化を
する事に特化し1商品の利益を最大限に高める為の手法なのです。

CDS 異例の仕入れ手法と販売戦略 資金稼ぎの章

 

あとCDSの質問の中で一つシェアしたい事があります。

僕の資金稼ぎの章ですが内容に自己アフィリエイトは
含んでおりません。

また資金を稼ぐという事を中心としたマニュアルです。

CDS 資金稼ぎの章はページ最下部で説明有り
内容は、転売に関するものですがお金のかかるノウハウは含んでいません。

数百円や1000円前後のお金が必要になるケースもありますが
それ相応に利益を生み出せるものだと思います。

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

室橋でした。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ