ほったらかし物販の秘密は中国輸入ビジネス 「株式会社ハーフウエスト西村泰一」なのか?

室橋です。

本日は、無料オファーで何やら怪しい謳い文句の
情報が目についたので少し触れてみる事にしました。

 

ほったらかし物販の秘密

http://aucmember.com/secret/

オプトインページでは、何が何か分かりませんでしたが
この内容と言うのは中国輸入ビジネスです。

 

最終的な落としどころというのは、ここでしょう。

http://megalodon.jp/2015-0217-1638-54/china-import-biz.com/school/

 

昨年の2014年の10月頃にも結構話題になったのでご存知の人も多いのではないでしょうか?

ざっくり説明すると中国から激安商品を輸入して日本で転売という内容です。
1・中国市場で儲かる商品を探す

2・商品仕入れ

3・転売

4・商品発送

転売やせどりでは、ごくごく一般的な流れとなっています。

 

そこでこの西村さんと言う人については
結構印象に残る人で過去に徳原式タオパオ塾で
講師としてもでていたのです。

西村泰一と徳原式タオパオ塾

 

僕自身もこの徳原式タオパオ塾に関しては
一度入った事がありますが、この時にタオパオ塾や
西村さん云々以前の問題で、中国輸入というものに愛想が付きました。

基本的には、代行業者を使い、そして仕入れたものを
アマゾンで売るので自動化に近い仕組みが完成するのですが
確かに利益率は売れれば高いものの、それ以前でやる気が失せるのです。

以前にも少し書きましたがこちら⇒中国輸入せどらーが駄目?

 

ここでも記事にした通り、わざわざ中国で仕入れないと
でないような利益率でもないわけです。

 

取り引きにおけるリスクの大きさや、日本外からの仕入れによる
手数料や手間と商品が到着するまで時間が掛かる経緯を
踏まえれば、何も大きなメリットが無いのです。

 

「国内だけでも、もっと利益が出せる」ので別に海外に目を向ける程でもない。

これが僕の考え方なのです。

 

タオパオなんかを見ていて「売れるかも」というものの
画像を右クリックで画像URLを取得してそのままGoogleで
検索すれば、タオパオの商品を転売している人も見つける事が
できるのですが、やっぱり観察していると、大して仕入れれば仕入れるだけ
即売れるような商品ってなかなか無いのです。

何よりも商品の質が問題と独特の匂いが、僕は無理です。

 

タオパオ

http://www.taobao.com/market/global/index_new.php

中国輸入タオパオ

 

この辺で売れそうだと思う画像をGoogleに貼り付けて画像検索すると
タオパオの画像をそのまま引用して出品する人の出品状況は簡単に調べられます。

 

画像の上で右クリックして「画像のURLをコピー」です。

それをそのまま Googleの画像検索に切り替えてURLを貼り付けるだけです。

Google検索

 

小まめにやっているとアマゾンで商品が出てくる事もあり、
その場合、その出品者の販売している商品などを見て、
仕入れている物や動きなどを観察する事ができます。

 

ただ、ネックなのは中国輸入というだけなので、それを
知っても僕は続けたいとは思いませんでした。

とにかく代行業者にしても出品者にしても、凄いストレスです。

 

アフィリエイターとかでも、中国輸入ビジネスは可能性があるとか
言っちゃってる人も居ますが、一体、どれくらいの期間、どれくらいの時間
中国輸入しているのか聞いてみたいです。

 

わざわざこんなリスクを冒してまで海外輸入、ましてや中国相手にするとか
本当に勘弁です。

言っておきますが、手数料とか考えると、
利率もたかだか知れています。

 

僕が現在やっているCDSなんか1週間程前に仕入れた3つの商品。

これが一昨日程に売れたのですが、この3品だけでも総利益48000円程出ました。

中国輸入で48000円の利益を出そうと思うと、どれだけの手間暇と
時間が掛かるのか?という事を少し考えれば、どちらが賢いか分かる話です。

 

それでは、今日はこの辺で。室橋でした。

CDSのよくある質問、定期的に公開中です。

CDSの参加ページはこちらです。

 

 

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ