輸入ビジネスの完全攻略本(株式会社TotalLeading)僕がお奨めしない理由とは?

室橋です。

 

連日、CDSの成果報告もあれば
サポートや、そして購入前の質問とかなんとかで
結構、あわただしくなっている状態ですが、
今日は、もう一つ輸入系の商材の記事を一つ
書いてみたいと思います。

 

輸入ビジネスの完全攻略本

輸入

株式会社TotalLeading

販売ページ http://total-leading-lp.cranky.jp/?page_id=38

 

輸入ビジネスという事で、アメリカから
輸入して転売するという王道中の王道のノウハウです。

 

冒頭でも、教材を読んだだけで成功できる人はいない、と明確に書かれてますが、
こちらのコンテンツもボリュームも多く
読むだけで稼げないのは当然ですが、
読むだけでも凄い労力を使うコンテンツです。

 

今回も輸入系のビジネス転売教材では、
前回のこちら⇒ 韓国 Rich Trip(リッチリップ)

これと似たような位置付けでセールスページに派手さはないけど
悪い教材では、ありません。

 

ただ、僕の意見は一つです。

「なぜ、国境を飛び越えようとする必要があるのか」です。

 

転売やせどりの基本は、本質を理解する事。

つまり、安く買う 高く売る。この2ステップです。

場所がどこになろうとも関係なく、その短編的な
海外とか あの商品が…とか、そういうのに振り回されるのが
僕は間違いだと思っています。

もちろん教材を売る側も、仕掛ける側だから
色々な切り口を出す方が、消費者の目線を掴めるので
色々なノウハウが出ていますが、難しい事に目を向けるよりも
簡単でやり易い事を集中して稼ぎまくる方が楽なんです。

 

そもそもアメリカ輸入して、どれだけ稼げるのか?

せめて国内転売を遥かに超える数字であれば
まだ、国境を超える価値も理解できるのですが、
大して国内転売と頑張っても利益なんて変わらないと思うんですよ。

1個1万円超えの商品なんか幾らでもあるし
海外に行けば、利益率が高まる物が国内より多いかと
言えば、そういう事もない。

 

ただ、利益のみ追及するなら国内だけでも十分にできるのです。

 

輸入ビジネスのメリット

 

僕から言わせると輸入系のビジネスは、
あえてメリットがあるとすれば、海外の商品が好きとか
どこかの国が好きとか。

もう、この辺は個人の趣向レベルなんじゃないかと思います。

 

少なくとも圧倒的に輸入ビジネスが国内転売より稼げるという
理論も存在しないし、おまけに国内転売よりも確実に手間が掛かります。

その手間に何かリターンがあるかと言えばそういう事もない。

輸入ビジネスで月100万…稼げるとしても
輸入転売で100万稼ぐ方が手間暇と国内転売を比較すると、
国内転売で100万稼ぐ方が美味しいのです。

 

…にも関わらず国から出て仕入れをする理由って何?と考えてしまいますね。

 

この輸入ビジネスの完全攻略本は良いものですが、
ただ、輸入ビジネスに走るという思考が 「輸入の方が稼げそうだから」と
言う人は、輸入ビジネスに手出しするのは辞めた方が良いかもしれません。

http://total-leading-lp.cranky.jp/?page_id=38

 

 

あとこれは、輸入でも国内でも言える事ですが、
とにかく行動を起こす事。赤字を怖がらない事です。

 

いざ、何でも行動を起こせば視界が広がるものです。

でも行動しないと視界は閉ざされたままなのです。

これはどんなジャンルの転売でも僕がいつも思う事です。

 

PS

実は先日、僕のCDSの参加者の方からメールで
2商品で元が取れたという話を聞きました。

色々なやり方もありますが、僕がマニュアルで紹介している
事例のジャンルは凄く稼ぎ易いし一番分かり易いと思います。

まずは、それで慣れて利益が出始めたら商品枠を広げるとか
自分なりに応用を利かせて展開して貰いたいところです。

 

先程も言いましたが、ノウハウを買う時、ノウハウを読んだ後、
これらの瞬間でも行動を起こす事。行動を起こせば
行動前と行動後で大きく変化します。

知らないノウハウでも知る事で選択肢や可能性が伸びるし
そして行動に移して見る事で、さらに知る、知らない以上の
感覚を掴んでいく事ができるようになるのです。

 

もしも輸入ビジネスを検討しているなら、成果の声も増え始めている
国内転売の特殊なノウハウも一度仕入れしてみるのも一つかもしれません。

 

室橋のCDSの内容はこちら。

 

それでは室橋でした。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ