おしゃべりビジネス チャイニーズバイヤーズクラブ 山田野武雄が許せない話

どーも室橋です。

 

一人でも多くの人に転売で稼ぐ喜びを与えたい。

 

そんな思いでブログを書いてますが
今回は、おしゃべりビジネスというものについて少し触れてみたいと思います。

 

おしゃべりビジネス

山田野武雄

山田野武雄

東京都港区南青山4-9-19

株式会社collect 03-6447-4547
URL http://osyaberi-business.com/lp/2/

http://osyaberi-business.com/lp/2/

 

「何こいつ、絶対に稼いでないだろ」

このLPを見た時に、まず初めに 気持ち悪いと感じました。

 

もし、どれだけ素晴らしいノウハウであろうと、コイツはキモい。

絶対に、こんな奴には、教わりたくないし、受け付けない。これが私の本音です。

 

普通に見ても良い年こいて、

「楽しくおしゃべりするだけで稼げます」とか、
一度で良いから、自分の顔を鏡を見て喋って頂きたい。

 

それともう一つ。

山田野武雄って、これ本名ですか?

山田武雄でも良いくらいだけど、全く理解に苦しみますね。

 

おしゃべりビジネスのLPを見た感想

 

どちらにしても、何をするにしても、あちこち矛盾点も多いし

  1. 毎月10万~100万円 稼ぎたいだけ稼げる。
  2. 初期費用0円。
  3. いつでもできる。
  4. メールとLINEとスカイプなどで、おしゃべりするだけ。
  5. 誰でもできるネットビジネス。

 

1つだけ、今読んでいる人に質問です。

「こんなもの信じるカモが居るのですか?」

 

普通に考えても、詐欺一直線コースの謳い文句。

 

このLPを作っているのは、元、転売系の高額塾を運営していた
あの、せどり塾のメガネ君のようですが、ここ最近では、
あの佐○ひろひでとガッツリ組んで裏で質の低い高額案件を
打ち出しているとかって噂です。

 

片割れが、元せどりの塾をして、炎上しまくって地方新聞でも
掲載されて、「せどり塾に注意」などと謳われていた事から
社会問題になった塾では有名なほうです。

 

あそこまでいくと表に出て、せどり教材でも出そうものなら
コテコテに潰されると思うのですが、その後もお気に入りの
倉庫もフル活用して他の塾でも使い回し。

 

時には不気味な外人を使って塾までしていましたが、
今回は、おしゃべりビジネス。

 

その内容も、まさかと思いましたが
やはり、元せどり塾運営者ならではとしか
言いようがなく、またs

 

まさかこれも転売の部類だと思いませんでしたが
同じ、せどりや転売で稼いでる人間からすると、本当にウザいです。

 

第一話のあとの第二話では、
売れる商品リストを毎週貰える機関があって
そこへOKの返事を出して売ると、
0.5%以外は、売れまくるようです。

 

山田武雄は幾ら稼いでるかと言うと売上600万円越えで
その利益は100万程度。

 

利益率が悪いですね。

6000円だして7000円になるイメージですから、
薄利多売も良いところです。

 

おまけに、「おしゃべり」ですから、終わってますよ。

 

また、おしゃべりだけとは、違って、フェイスブックなども
使うようで、転売と言ってもよっぽど稼げないんだろうなと思うところです。

 

なぜなら…

私の教材。

CDS カウントダウンせどり

 

人と喋る必要もなく、山田野武雄の稼いでる数値よりも利益率が高い。

 

無駄な事はやらないで、必要な事だけやって稼ぐ。

これこそがビジネスの基本中の基本で、転売にフェイスブックも
ラインもスカイプも必要ありません。

 

仮に、そういうものを導入して、仮に効果があるものでも、
おしゃべりビジネスと呼ばれる、、シャベリッチメッセンジャービジネス
よりも、時間的要素、収益的要素、労力的要素を考えれば、

「これより悪いものはない」とも言えそうです。

 

転売は安く買う、高く売る。この2本柱であり
誰と喋る必要もなくフェイスブックなどを使わずとも
余裕で稼げてしまうのです。

 

少なくとも私のカウントダウンオークションと比較すれば、

時間的にも労力的にも収益的な分を見比べても
山田野武雄の実績と私のCDSカウントダウンオークション

この時点で、「どちらが有効なのか」を考えれば
収益や労力、時間的な部分も考慮するだけで、
CDSの方が断然に収益面、手法面、労力面でも
上回るのです。

 

1商品単価が高く、薄利多売をせず
大きな利益を短時間の労力で稼ぐ…

 

まさに転売を追及し尽くしたのが、この、カウントダウンせどり です。

 

CDS カウントダウンせどり

 

それでは室橋でした。

 

 

 

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ