せどりコーチング「大成浩市」微妙な声が多い理由は明白

室橋です。

あれこれと色々な情報が飛び交っている
こちらのコンテンツについて。

 

せどりコーチング

販売会社 クリエイティブ・アシスタント株式会社
運営責任者 大成浩市
コーチ(講師) おおなりこういち、松本裕司、星将大、秋山好之、木村辰夫
所在地 東京都北区赤羽台3-15-4
電話番号 080-4731-1942
受講料 199,800円(税込み)
URL http://ok-coach.com/service/coaching/

 

 

高額歴 京都大学卒業をアピールして
再現性100%のオーダーメイド型指導で
約20万円と言う価格で売り出している商品です。

 

本来、しっかりアピールしないと駄目な部分って言うのは
ノウハウやその方法ですが見る限り、全然違う部分を
アピールしているというのが見受けられます。

「必ず稼がせる事に特化した副業の家庭教師サービス」

「あなたの生活、年齢、スキルに併せた再現性100%のオーダーメイド型指導」

 

何それって感じです。

 

少なくとも、こういった部分は当たり前の話で、
私も独自コンテンツとしてこちら CDS

 

価格は約10分の1で19800円でサポートなども
出来る限り迅速に対応しています。

 

もちろん、稼がせる事 稼いで貰う事を中心にしている
サポートであり、家庭教師のように訪問して教えるわけでもないですが
それでもメールのやり取りでも十分にサポートが可能なのです。

 

また、私の手法で言うと、このCDSで教えているのは、

仕入先、そしてジャンル 売り方。まさに、ここがポイントのノウハウで
実際に、この手法で稼いでる人は、かなり数多く存在します。

 

時には、私のノウハウを元に展開して情報販売に至る人も居るくらいです。

 

そこで今回のコンテンツでは、売れるリスト…というものを
公開するようで、その数1万件。

 

売れるリスト1万件の価値

 

数字から見ても、このリストは何かのツールで
弾きだしたものであろうと推測できます。

そもそも、この1万件の商品が売れる確証は、殆ど無いし
あくまでも、売れるであろうデーターで本人も全てを取り扱った
経験があり、リアルタイムで、「飛ぶように売れている」というわけでも
無い筈です。

 

つまり僕から言うと、何の根拠もなく、目新しい手法とも違い、
尚且つ「どうでも良い事」「本来付加価値の強いもの」を
前面に打ち出しているとしか思えません。

 

この1万件が多少なりとも強いものであろうとも、
こういう打ち出し方をすれば一瞬で需要と供給のバランスが
崩れてしまい「売れない」「稼げない」と言う状況が出てくるというわけです。

 

 

この、せどりコーチングに関しては、良い悪いかは、
せどりや転売と言うジャンルである以上は、大なり小なり
しょうもない手法でも稼げてしまう事があるジャンルですので
どういった対応なのかで大きく変化すると思うのですが、
過去の事例で、「どうでも良い事」を主張する教材や塾では

 

「お前素人だろ」というケースが異常に多いです。

誰もが見てきてるような情報が送られてきたり
ろくでもないサポートというのが、ごくごく定番です。

 

今回の、せどりコーチングに関しても微妙な意見が飛び交ってる
ところを見ると、まさにそれかもしれません。

 

で、今、読まれている人に一つ僕から言いたい事は、
他の塾や教材でも よく、「儲かるリスト」という謳い文句には、
くれぐれも注意して頂きたいところです。

 

儲かるリスト を前面に出している物と言えば

おしゃべりビジネス シャベリッチシステム 山田野武雄が許せない話

これなんかで言うと、オチは中国転売のようです。

 

その名も、チャイニーズバイヤークラブ CBCなどと付けて
販売開始に至るようですが、おしゃべりとは関係がない。

まさに、過去の事例を見ても、 どうでも良い事を主張している
糞ネタというのが一発で分かるのです。

 

くれぐれも、この手のものは注意するようにお願いします。

 

PS

利幅の大きさ、仕入れ手法の特質性、そして売る思考を
学んで1商品2商品で、商材の元を取っている人が増えています。

不安や懸念点があるのも当然の事ですが、僕自身が成果を
積み上げた方法であるからこそ、明確なアドバイスが可能です。

 

もちろんバックエンドなども御座いません。

興味があれば是非覗いてください。

CDSカウントダウンせどりとは。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ