MNPで稼ぐ方法 ドコモが規制に乗り出した・・・。スマホ転売ビジネス

室橋です。

いつも購読ありがとうございます。

本日の話題は、スマホ転売についてです。

 

スマホ転売で稼ぐ MNPで稼ぐ方法に規制

スマホで稼ぐMNP手法とは

 

実は、先日のニュースで

NTTドコモは1日、携帯電話端末の割引制度に回数制限を初めて設けた。「家族まとめて割」や「のりかえボーナス」などの割引を繰り返し利用し、安く購入 した携帯端末を転売するケースが増えているためだ。携帯電話大手3社で「最も手厚い」(通信大手)とされるドコモの割引制度があだとなった。ドコモが発表した「割引適用条件の変更に関するお知らせ」によると、(1)月々サポートとそれを増額するキャンペーン(2)家族まとめて割(3)のりかえ ボーナス(4)端末購入サポート-などを回数制限の対象とした。適用回数の上限は公表していないが、一定基準を超えて契約・解約を繰り返す利用者は、割引 対象外とする。

 

このような発表がありました。

簡単に言うと割引サービスなどを利用して、
加入、解約を繰り返してスマホを転売して
差額を摂取するユーザーが多い事が理由のようです。

 

ここで他の携帯電話会社各社では、
「このような規制は検討してない」とされています。

 

基本的には、誰が損する、得するという次元でもないけど
割引サービスの盲点をついてこの手法で稼ぐ人が
増加したのが背景にあるわけです。

 

割引サービスを活用して、契約して解約して
機種を転売した利益と契約や解約に伴う費用を考慮すると
利益が出るという図式の手法です。

 

実は私の友人でも、この手法で稼いでいる人が居ましたが
どんどんやり辛い環境になり今では、稼げるような状況でも無いみたいです。

 

スマホ転売の盲点

このMNPと言う手法は同じ店で何度も繰り返すとか
そういう行為も今はできなくなり、結果的には、
どんどん地域なども拡大していかないと駄目なのに対して
何度かやると、俗に言う「ブラックリスト」扱いになるケースもあります。

 

確かに「馬鹿でもできる」という、スキマビジネスで
徹底して取り組む人も増加して情報や塾でも
販売されていました。

 

自己アフィリエイトよりも継続性は見込めないし
規制がはいれば 一発で稼げなくなる手法に加えて
たかだか数万円の利益の為に、ブラックデーターに
掲載される可能性もある・・・そういうビジネスは、やるだけ無駄です。

 

ちょうど数か月前に開催されていた、池田宜史という方の
MNPで稼ぐ塾が話題になってましたが、あれの内容も
最終的にはMNPで稼ぎ続けるわけでなく、
「金を作る方法がある」と第三者に紹介して成功すれば
ピンハネするという内容でした。

 

つまり長く稼ぐ事ができない事をさらに主張しているのです。

 

今まさに僕のコンサル生なんかは、ツールなども使わず
僕の教えた方法 CDS ですが これを取り組み2年、3年と安定して
稼ぎ続けている人は、数多く居ます。

 

基本的に、ビジネスと言うのは、上辺だけの手法を学ぶのではなく
「本質」を学ぶ事が何より大事です。

 

人間の使える時間には、限りがあり、その限りある時間の中で
この先、有意義になる為に時間を費やし無ければいけないのです。

 

「お金を使わずに時間を使おう」と考える人も居るのですが
お金はいくらでも作れますが時間は、そうはいきません。

 

今回のMNPの塾なんかで言いますと、
お金も時間も結果的に奪われた結果になった人も多い筈です。

 

同じ時間を使うなら、この先、長い間自分にとってプラスになる事に
時間を費やして貰いたいと心から思います。

 

それでは、室橋でした。

 

転売の本質的手法 安く買う、高く売るの2つのポイントの原点を学ぶ。CDSの詳細はこちら

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ