物販ビジネスRIB 戸塚健二 これはエグい

室橋です。

いつも購読有り難うございます。

 

本日は、物販ビジネスで稼ぐ方法 RIBという電子書籍の紹介です。

 

戸塚健二 RIBとは?

販売ページはこちら

 

実は結構彼は、物販市場では、有名です。

元々 転売屋でしたが 転身したという方で、投資経験もある人です。

http://carbxpress.com/ 戸塚健二さんのサイト

とは言ってもブロガーでは、ありません。

 

そんな彼が打ち出したものが、物販系ビジネスのノウハウです。

 

どんな人に向いてるのかRIB

 

そもそもの話ですが 転売系や物販は、商品があるだけ
早い結果を打ち出し易いビジネスです。

 

私のCDSでも言える事ですが、
安く買う 高く売る。

 

集客は考えなくても勝手にアクセスは、集められる為に
アフィリエイトのようなブログやサイト作りを考えなくても良いのです。

 

アフィリエイトで嫌気がさしている人や、
その他のネットビジネスで失敗続きの人にこそ
安く買う 高く売るというビジネスモデルは、
意図も簡単にクリアできてしまう穴場でもあるのです。

 

RIBのミソは、簡単にいつでも買える物に利益を上乗せする事。

 

私のCDSは、1個数万、数千単位の利益が得られますが
転売なので 商品を探して購入して売る事になりますが、
今回の戸塚健二さんのRIBでは、仕入れる場所は選ぶ必要がありますが、
どこでも買える物に付加価値を付けて売るという手法なのです。

 

一度、流れさえ決まれば後は、決めた場所で購入して売るという
ルーチンワークのような流れ作業でお金を稼ぎ続けられる強みがあるのです。

 

個人的な見解ですが 私のCDSのような転売と
戸塚健二さんのRIBの比較は難しいですが 即金収入を
手堅く稼げるものを探してる人には、十分な価値があると思います。

 

続きを読む

 

 

CDSと比較すると?

ちなみに僕のCDSと比較すると、根本的にノウハウそのものが
異なります。

もちろん転売で飯を食ってる僕が転売を否定する事は、ありません。

ただ強いて言える事は、このRIBの発想は、確かに儲かるし稼げる事は
言うまでもなく、1商品単価は、僕のCDSより安いけど 一度仕組みを作れば
超楽ちんです。

目利きとか以前に売れれば売れるだけ ただ横流しのような
状態になるので 1商品ずつ探して仕入れる手間が無いからです。

 

そこで今回は、小西さんの方で特典を付けていましたので
僕も2ティアで紹介したいと思います。

小西さんのRIBのレビューと購入者特典はこちら

 

それでは、室橋でした。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ