転売で利益の出る儲かる商品を探すポイント

室橋です。

昨日は3品で34000円の利益を出す事ができました。

 

他の商品の利益を合わせると5万円弱ってところです。

 

本来二月はあまり調子の良い時期では、ありません。

年末年始にお金を使っている人が居るので出し渋りをするわけです。

 

しかし、「これはどうしても欲しい」というもので

プレミアの付いた商品などは、ほぼ関係なく よくまわります。

 

 

僕の現在の作業時間は、

仕入に1時間、その他発送や出品、商品管理を考慮すれば

トータルで平均1日3時間程は費やしているので、まだまだ

余裕はあるのですが そろそろ自動化も検討しています。

 

自動化と言っても仕入に関しては僕がやらないといけないですけどね^^;

 

なかなか仕入の自動化は困難ですよね…(苦笑)

さて本日は僕の経験を活かして
儲かる転売商品を探すポイントをお伝えしようと思います。

 

儲かる転売商品を探すコツは?

儲かる商品調査
これは常識的な話ですが
儲かる商品というのは自分でリサーチして見つけます。

 

目の前で”これは利益になりますよ”と教えてくれる人は
まずいません。

 

”儲かる商品を見つける事ができるのは自分だけ”という
意識は強くもっておくようにしてください。

 

何が今売れていて人気があるか?どのような商品が
どのような価格帯で売れているのか?

 

商品と商品相場のリサーチです。

転売せどりは常にリサーチ⇒仕入れ⇒出品 この繰り返しです。

 

これは売れるぞ!…と言うもののデーターを より多く集め、
価格調査をする事が重要なポイントです。

 

ただ、これさえしておけば、どんどん商品の目利き力は
増加してくので その分収入も右肩がありに増加してくる筈です。

 

初心者が転売する為におすすめの商品で扱い易いものは?

 

まず初心者であろうと何であろうと
どんな商品から始めれば良いか?悩む人も居ると思います。

 

僕の場合は一番自分が好きな物…を扱うほうが有利だと思っています。

 

理由は明白で、少しでも商品知識があったり 興味があるものの方が

仕入、出品に関しても有利に働くからです。

また知識面だけでなく、自分が欲しい

 

 

転売は常に消費者心理も理解しておく必要があります。

 

 

例えば、このブランドが好きな人は、どういう部分に惹かれているか?

これが自分が好きなブランドであれば、非常に掴みやすくありませんか?

 

趣味に使う道具などであれば、どういった人に需要があるかも
分かるし、その商品の魅力もターゲットの人に伝えやすい筈です。

 

このように興味のあるもの、好きなものを扱う事で有利になるという事です。

転売しているライバルをリサーチ

 

僕が儲かる商品を探す上で一番役立つのはライバルのリサーチです。

転売を利益目的でやっている人を見つけて

その人がどういったものを出品してどのくらいの価格で販売しているか?

 

このデーターをしっかり掴む事ができれば
容易に儲かる転売商品を発掘する事ができるようになります。

 

例えばライバルらしき人を見つけて
その商品の中で画像が、自分で撮影したものとは違うような
商品画像のものがあれば Googleで画像検索をします。

 

商品画像にマウスを載せて、
右クリックして画像のURLをコピーして
Googleで画像検索します。

 

画像をクリックして カメラマークを
クリックします。右上のカメラマーク部分です。
せどり転売画像検索

 

ウィンドウが開いたら
先程の 該当商品の画像URLを挿入します。

image883

するとWEB上の類似画像が表示されますので
順番に見ていくと海外のショップサイトが出てきたりすることが
あります。

僕もこの方法でよく見つけるのですが、そのまま画像を使って
出品する人が多いので 同じ画像を検索する事で、仕入先の
ショップまでもネットで調べる事ができてしまうのです。

かと言って全てが全て真似をして利益が出せるわけではないので
その後のリサーチという事も必須になる事を忘れずに…^^

それでは室橋でした。

まとめ。

○常にリサーチする事が重要。

○転売をこれから始める初心者であれば自分の好きな商品や詳しい商品を扱うほうが有利。

○ライバルチェックも効果的。儲かりそうな商品を見つけた後は、再度、過去の落札回数や

売れた金額も含めて、リサーチを行う


コメントを残す

サブコンテンツ

ブログの中の人↓

管理人室橋良幸

室橋です。せどらーやっています。いつでも質問や相談がありましたら遠慮なく連絡してください。


管理人への連絡はこちらです。

室橋のメールマガジンはこちら

このページの先頭へ